Buy And Learn

常時接続環境の普及で、必須となっているネットワーク監視と不正アクセスの阻止

常時接続環境ではネットワーク監視が必須のものに

インターネットにコンピューターを接続していれば、どうしてもネットからの不正アクセスや攻撃を受ける可能性が出てきます。もっとも、インターネットを利用する時だけネットに接続して、利用しない時は接続を切ってしまう、という使い方であればその可能性も低いのですが。しかし、現在では当り前となっている常時接続環境では、常にネットワークに繋がっていることで、攻撃を受ける可能性も格段に高くなっているために、常にネットワークを監視して、不正やアクセスや攻撃を防ぐという措置を講じねばならなくなるのです。

ルーターとコンピューター本体で不正侵入を監視する

常時接続環境であれば、自前のサーバーを立てることもできますし、リアルタイムでメールを受信することができるなど、多くのメリットがあるわけなのですが、その反面で、インターネットを介して不正アクセスやサイバー攻撃を受ける可能性がぐんと高くなってしまうわけですね。このために、サーバーを設置する際には、ネットワーク監視機能を設けて、不正アクセスやサイバー攻撃に対処しなければならなくなります。このネットワーク監視機能は、たいていの場合、インターネットとの接点となるルーターと、コンピューター本体とに設けるという二段構えで、不正侵入やサイバー攻撃を監視することになるわけです。

ネットワーク監視と連携して不正アクセスを阻止する

ネットワーク監視というのは、あくまでも、インターネット側からの不正アクセスを監視するものですから、それだけでは、不正侵入やサイバー攻撃を防ぐことはできません。すなわち、ネットワーク監視機能とは、監視カメラのようなもので、不正侵入やサイバー攻撃を検知することはできても、それを阻止する機能は持っていないわけですね。このために、インターネットとの接点にはファイアーウォールを設け、コンピューターにはウイルス対策ソフトを導入して、ネットワーク監視に連携して、不正侵入やサイバー攻撃を阻止するための手立てを講じる必要があるわけなのです。

ネットワーク監視とは、ネットワークに障害や機能の低下が起きていないかを監視するシステムのことです。ネットワーク管理者に異常を報告します。