Buy And Learn

ホームページを始めて作る予備知識!初心の方が取り込むべき内容とは?

ホームページのファイル名の付け方

ホームページのアドレスでよく見かける拡張子にhtmlと言う名前がありますよね。ホームページはhtmlファイルと呼ばれるファイルをサーバーにアップロードする事によって表示させていますよ。現在においては日本語ドメインと言う日本語で表示させる方法もありますが、基本的には小文字のローマ字でファイル名を付ける事が基本です。トップページはどの様なタイトルであろうとも、index.htmlと言う名前で付ける必要性がありますよ。

HTML言語とCSSを理解する

ホームページその物を表示させるには、HTML言語と言う言葉を使って命令文を作成していきます。ホームページはコンテンツと言うダンボール箱の様な物を積み重ねて表示させている物であり、そのダンボール箱の中に本文や画像を入れて完成させて行く物ですよ。各々のダンボール箱に入っている内容の装飾を整える場合は、別ファイルのCSSファイルで命令文を書く事が一般的です。例えば、ここのコンテツの文字の大きさ、色、背景画像を指定する場合は、CSSファイルでダウボール箱の名前を指定をして、画像や文字の大きなどを記述して行きます。煩わしい作業の様に見えますが、多くのページにある同じ内容を変える場合、同じダウンボール箱の名前にあるボックスに対して、CSSファイルの命令文を替えるだけで全てのページに適応できるメリットがありますよ。

サーバーにアップロードをして公開をする

ホームページを公開するためにはインターネット上にあるサーバーにアップロードをする必要性がありますよ。自宅で作成したからと言いまして、持ち合わせているパソコンにユーザーが見に来てくれる訳ではありません。サーバーには、有料と無料で提供されているサーバーがあり、基本的に無料で提供されているサーバーには作成したホームページに広告が表示されますよ。無料の中には、商用利用可能な内容と不可能な内容があります。始めての方がよく認識間違いする内容に、商用利用とはビジネスとして利用すると言う意味では無く、金銭的な収入を目的に利用する内容です。商用利用が不可能なサーバーにおいて、アフィリエイト広告などを張る事は出来ませんよ。サーバーにアップロードしたからと言いまして、検索エンジンから検索できる訳では無く、必ずブログなどを利用してリンクを張り、検索エンジンに登録し易い作業を行なって行く事が重要です。

ホームページ作成は、個人でおこなう場合と業者に代行する場合があります。作成したあとのSEO対策などもページの運営には欠かせません。