Buy And Learn

たくさんの人に見てもらう!?そんなウェブサイトの作り方

訪れた人が不快にならないサイトを

ウェブサイトは個人でも簡単に作れるので、作った経験がある方も多いと思います。では、人気のサイトに育てたことはありますか。おそらく多くの方が、途中でやめてしまっているのが実情でしょう。それは、閲覧者が少ないことが原因となっているのではないでしょうか。不人気であれば誰も見に来ないので、作る側のモチベーションが下がってしまいます。それを避けるには、訪れた人を不快にしないウェブサイトを作る必要があります。

まずは見やすさを意識しよう!

人が不快に感じるウェブサイトには、いくつかの特徴があります。まず、字が見づらいものが挙げられます。背景が白系統なのに、文字が黄色や緑の蛍光色であれば、目が疲れるので、閲覧者は不快に感じます。また、勝手にポップアップが表示されたり、音声が出るものなど、閲覧者の意に反して発生するものは、嫌われてしまいます。そのため、ウェブサイトを作る際には、見やすさを重視する必要があります。差別化を図るには、見せかけの効果ではなく、コンテンツで勝負するべきなのです。

コンテンツは周りとは異なったものを

これが一番難しいのですが、コンテンツをありきたりなものにしてはいけません。すでにあるコンテンツは、独自のコミュニティーを形成しているので、受け入れられない可能性が高いからです。あえて、同じ土俵に立つのであれば、従来のものと異なった要素を加えなければなりません。特に、ウェブサイトの閲覧者は、日々新しい情報を探し、接しています。そのため、ありきたりな内容では、スルーされてしまうでしょう。したがって、人気のウェブサイトを作るためには、何が閲覧者の心をつかむのか、じっくりと考えておくべきでしょう。

コーディングに関する書籍は非常に多く出ているので、独学で学ぶこともできますし、早く覚えたいならばパソコンスクールを利用してもよいです。